2004年06月25日

あらかわ遊園

あらかわ遊園は隅田川沿いの西尾久に位置する都内唯一の区立遊園地である。その面積は50,840平方メーターと小規模であるが荒川区の人気スポットの一つである。明治、大正期、隅田川沿いに多くあった煉瓦工場の跡地に、王子電気軌道株式会社が大正11年に開園した。第二次世界大戦により閉園したが、昭和24年に区立児童遊園として設立され、昭和25年に区立あらかわ遊園として開園した。観覧車、ミニコースター、スカイサイクル、メリーゴーランドとコーヒーカップの6つの乗り物がある。他に遊び場として、ちびっこ広場、水あそびの広場、どうぶつ広場やしばふ広場などがあり、ポニー乗馬も体験できる。魚つり広場では鯉と鮒のつりを楽しめる。入園門手前にはこどもプール(季節外はローラースケート場)もある。また、都電荒川線の「一休さん号」が常時展示されている。都電荒川線「荒川遊園地前」で下車して徒歩約3分、駐車場もあるが土日はすぐに満車になる。







区立あらかわ遊園についてはあらかわ遊園のホームページをご覧ください。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 2004年06月25日 19:53