2004年10月27日

千住大橋

千住大橋の歴史は古く、徳川家康が入府してから4年後の文禄3年(1594年)11月に完成した。現在より約200メートル上流に位置し、京間が長さ66間、幅が4間で柱杭は槇(まき)という当時では大工事であった。隅田川に架けられた橋としては最も古く、次に架けられた両国橋は60年後であった。千住大橋の架け替え工事は正保4年(1647年)、寛文6年(1666年)、天和4年(1684年)、享保3年(1718年)、宝暦4年(1754年)、明和4年(1767年)に行なわれ、明和4年に200メートル下流の現在の位置に移った。江戸時代には一度も流出しなかった千住大橋は明治18年の台風により初めて流出した。

その後、明治後半から大正時代に起きた大洪水にも持ちこたえ、大正12年(1923年)の関東大震災の震災復興計画に基づいて昭和2年(1927年)に木橋から鋼タイドアーチ桁の鉄橋(全長、91.7メートル)に架け替えられた。昭和48年に日光街道の交通量の増加に伴い、下流側に3径間連続鋼剣桁の鉄橋(502.5メートル)が並行して架けられ、上り車線と下り車線を分離して現在に至っている。上流側に平行して水道管用の橋が架かっている。1960年代には都電が走っていた。







千住大橋ついては千住の歴史と文化・千住大橋をご覧ください。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 18:45

2004年10月18日

日暮里公園

日暮里公園は荒川区立公園の一つであり、東日暮里3丁目に位置し、第三日暮里小学校に近く、その面積は3,580平方メートルである。公園敷地内にはモニュメント、「日暮里公園の記」、全長16メートルのローラー式すべり台、全長20mのタ-ザンロ-プ、フェンス囲い型砂場などがある。


日暮里公園の記

その昔、現在の日暮里の大部分は「新堀」と言う地名で呼ばれていました。15-16世紀の古文書にもこの地名がみられ一説には地元の土豪が屋敷にめぐらした堀を人々がニイホリと呼び、この地の代名詞になったとも言われています。江戸時代、高台の道灌山・諏訪台からの展望が「春秋の景色、日の暮るを忘れる」景勝の地として知られるようになり、”ひぐらしの里(日暮の里)とも呼ばれるようになりました。

明治11年(郡区町村編成法制定の際)にそれまでの新堀村に変わって日暮里(にっぽり)村と表記されることになりました。この公園は、戦前の昭和18年に開設され「新堀、ひぐらしの里をもしのぶ日暮里公園」として町の人々に愛されました。しかし、戦災のためこの付近一帯は焼け野原になりました。

今回、新装された公園には、昔の里をしのぶ憩いの広場、夕日を背に自分の影で時はわかる日時計、遠く未来までも見つめる彫刻などが用意され、現代の文化を語る公園として永遠に残されます。由緒ある地名、日暮里と日暮里公園を後世に伝えるべく”日暮里公園の記”として、ここにしるします。

昭和62年3月
荒川区土木部公園緑地課








荒川区のホームページについては荒川ネット-荒川区の検索エンジンをご覧ください。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 02:42

2004年10月06日

ようこそ@東京カフェへ

@東京カフェ - いつでもどこでもカフェ日和です」は、東京都内を中心として国内各地のカフェの検索と登録ができるサイトです。カフェ・レストラン、オープン・カフェ、カフェ・バー、セルフ・サービス・カフェ、和風・カフェ、裏路地カフェ、喫茶店、新規開店やリニューアルなど最新の情報を閲覧できます。

このサイトはコンテンツ管理システム(XOOPS「ズープス」と呼ばれるCMS)をエンジンとし、デレクトリ-型検索エンジンとして人気の高い「Yomi サーチ」を外部モジュールとしてインストールしており、訪問者がお気軽に気になるニュースやお気に入りの写真を投稿したり、関心のあるフォーラムに参加できます。

地域に密着したローカルな「荒川ネット-荒川区の検索エンジン」で蓄積した実績に基づいて仕上げた「@東京カフェ」で全国規模の検索エンジン(リンク集?)にステップ・アップできたのは本当に嬉しいです。勿論、今回もインターネット上で入手したフリーソフトを活用したので費やした費用はゼロでした(ただ、XOOPSの解説本は勉強のために購入した)。つぎは世界規模の検索エンジンに飛躍しよう。ニッチ(隙間)を探して突撃だ-。

@東京カフェ」をクリックするとご覧になれます。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 16:01