2004年10月27日

千住大橋

千住大橋の歴史は古く、徳川家康が入府してから4年後の文禄3年(1594年)11月に完成した。現在より約200メートル上流に位置し、京間が長さ66間、幅が4間で柱杭は槇(まき)という当時では大工事であった。隅田川に架けられた橋としては最も古く、次に架けられた両国橋は60年後であった。千住大橋の架け替え工事は正保4年(1647年)、寛文6年(1666年)、天和4年(1684年)、享保3年(1718年)、宝暦4年(1754年)、明和4年(1767年)に行なわれ、明和4年に200メートル下流の現在の位置に移った。江戸時代には一度も流出しなかった千住大橋は明治18年の台風により初めて流出した。

その後、明治後半から大正時代に起きた大洪水にも持ちこたえ、大正12年(1923年)の関東大震災の震災復興計画に基づいて昭和2年(1927年)に木橋から鋼タイドアーチ桁の鉄橋(全長、91.7メートル)に架け替えられた。昭和48年に日光街道の交通量の増加に伴い、下流側に3径間連続鋼剣桁の鉄橋(502.5メートル)が並行して架けられ、上り車線と下り車線を分離して現在に至っている。上流側に平行して水道管用の橋が架かっている。1960年代には都電が走っていた。







千住大橋ついては千住の歴史と文化・千住大橋をご覧ください。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 18:45

2004年07月19日

隅田川のホームレス

平成8年から着手された「隅田川テラス」の整備工事は堤防の耐震性を高めることと護岸の遊歩道(リバー・ウォーク)を地域の高齢者、親子連れ、或いは若いカップルが安心して散歩できる場所を提供する筈だった。しかし、「隅田川テラス」の整備工事が進むとともに白髭橋から蔵前橋までのテラスにはブルー・シート小屋やテントが雨上がりの筍のように増え、ホームレス(野宿者)の居住地に化してしまった。山谷の簡易宿泊所(通称ドヤ)を定宿としていた人達に日雇いの仕事もないためドヤに泊まる金がなく、隅田川のテラスでの仮生活を余儀なくさせられているらしい。東京水辺ラインを桜橋で下船して浅草駅に行くため我妻橋までのテラスを歩いた。途中、ボランティア団体が週1回行なう「炊き出し」を待ってテラスで日向ぼっこしている数百人のホームレスの前を通るときは決して気持ちが良いものではなかった。





隅田川のホームレスに対するボランティア活動の一つにホームレス伝道、炊き出し、ありがとう教会があります。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 00:36

2004年07月17日

隅田川の堤防

東京都の東部低地帯は北区、足立区、荒川区、墨田区、台東区、中央区と江東区に広がり、この低地帯を隅田川、荒川と江戸川が南北に流れる。荒川区の隅田川 沿いは満潮面以下の地域であり、この地域以外は満潮面以上であるが高潮の脅威にさらされる地域である。隅田川の堤防整備は昭和34年の伊勢湾台風を契機に高潮対策として「カミソリ堤防」の整備が始まり昭和50年に完成した。この高潮防御整備工事は地域住民と隅田川の水辺を隔てる結果になった。昭和55年から隅田川の堤防の耐震性を向上することと地域住民と隅田川の水辺を近づける「緩傾斜型堤防」の整備工事が開始された。また、昭和60年からリバーサイドの再開発と一体化して盛土を行い更に安全性を高める「スーパー堤防」の整備工事が着手された。平成8年からは地域住民の水辺の利用と生き物に配慮した「隅田 川テラス」の整備工事が進められている。テラスの整備工事により堤防の耐震性能が高まるとともに舗装や植栽などにより遊歩道が地域住民に利用されている。





隅田川の堤防ついては東京都建設局のスーパー堤防・テラス・高潮防御施設整備事業をご覧ください。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 12:34

2004年07月10日

隅田川の橋

東京の下町を流れる隅田川には古くから橋が架けられ、「渡し」の頃からの名称、初期の橋の形式、橋詰の風情などが残る。現在、約23.5キロメートルの隅田川には23の道路橋が架かっており、概ね約1キロメートル毎に1道路橋の割合となっているが、約半数が浅草より下流部に集中している。隅田川は、橋の博物館とも呼ばれている。荒川区を流れる隅田川には小台橋、尾久橋、尾竹橋、千住大橋、水神大橋と白鬚橋の6道路橋が架かっている。千住大橋は徳川家康が文禄3年(1594年)に架けた隅田川の最初の本格的な橋である。下の写真は上から尾竹橋、千住大橋と白髭橋である。  







隅田川に架かる橋ついては隅田川架橋二十三景をご覧ください。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 12:02

2004年07月06日

隅田川

現在の隅田川は北区の新岩淵水門(青水門)から中央区の勝鬨橋までの約23.5キロメーターである。川幅は150メーター前後。東京都の東部低地帯の北区、足立区、荒川区、墨田区、台東区、中央区、江東区を南北に流れ、東京湾へ注ぐ。明治43年の大水害の後、荒川放水路が開削されるまでは現在の隅田川は荒川だった。昭和40年3月、この荒川放水路が荒川になり、そして新岩淵水門(青水門)からの下流は荒川の支流となり、通称名であった隅田川が公式河川名になった。昭和30年代後半の隅田川は公害により悪臭のひどい川であった。その後、工場排水の規制強化と下水道が整備されるとともに水質は次第に改善されてきた。現在では魚が棲める水質まで回復している。荒川区を流れる隅田川には小台橋、尾久橋、尾竹橋、千住大橋、水神大橋と白鬚橋が架かっており、京成線鉄道橋、日比谷線鉄道橋と常磐線鉄道橋がある。この他、上水千住水管橋、千住水道橋と東電送電橋もある。隅田川の評判の悪いカミソリ堤防はスーパー堤防の建設とともにテラス化されており、リバーサイド沿いに大型の再開発プロジェクトが進められている。







隅田川ついては隅田川現代の隅田川橋梁群をご覧ください。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 23:37

2004年06月28日

隅田川散策の旅

東京都の(財)東京都公園協会が運航する「東京水辺ライン」の「隅田川散策の旅」と呼ばれる運航コースで約40分のミニ・クルージングを楽しんだ。荒川区のあらかわ遊園発着場で午前11時55分発の「あじさい号」に乗船し、千住を経て台東区の桜橋で下船した。生憎の曇り空でしたが小台橋、尾久橋、尾竹橋、千住大橋、水神大橋、白髭橋の下を通り、途中、川岸のアクロシテイ・タワーズ、リバーハープ・タワーやスーパー堤防などの景観を満喫できた。「隅田川散策の旅」は墨田区両国と北区小豆沢の間を約1時間半で運航されている。運航期間は4月から11月に限定されており、運航日は月に1日から4日の日・祝日のみである。乗船中に撮った写真は、隅田川、隅田川の橋とスーパー堤防のテーマにに分けて後日別途掲載する。





「隅田川散策の旅」については(財)東京都公園協会が運航する東京水辺ラインのホームページをご覧ください。

ホーム 荒川ネット-荒川区の検索エンジン

投稿者 arakawanet : 23:20